敬愛会グループについて

医療法人敬愛会は、保健・医療・福祉など、
あらゆる角度から21世紀の地域医療にスタッフ全員で取り組んでいきます。

精神科関連

  • 南海病院/精神科・神経科・心療内科・内科・歯科
  • 南海病院付属准看護学院
  • 南海病院付属保育所「はまゆう」
  • 敬愛クリニック/心療内科・神経科・精神科・内科

社会復帰施設関連

  • 自立訓練事業所「なぎさ」
  • 地域活動支援センター「オリーブの木」
  • グループホーム「しおさい」

介護保険関連

介護老人保健施設「大鳴門シルバーハイツ」

敬愛会の歩み

昭和21年11月
川端南海医院開設(撫養町)(0床)
昭和25年04月
前記医院を南海病院と改称(一般42床・精神70床)
昭和25年08月
鳴門海峡療養所開設
昭和26年01月
社団 医療法人南海病院とする
昭和27年05月
医療法人敬愛会と名称変更
昭和27年12月
鳴門海峡療養所廃止
昭和27年12月
南海病院精神科指定を受ける(一般25床・精神150床)

県下初 作業療法の取入れ(農園・花園・畜産・木工・鉄工)
昭和31年04月
県下初 作業療法の取入れ(農園・花園・畜産・木工・鉄工)

南海病院土佐泊分院(精神科)と改称
昭和33年10月
南海病院土佐泊分院(精神科)と改称
昭和35年09月
微生物研究所開設(徳島市徳島町)
昭和38年10月
増床(一般25床・精神310床)
昭和40年06月
南海病院付属社会復帰学園 開園
昭和43年07月
本院を鳴門町土佐泊浦に移転
昭和45年12月
内科・放射線科全てを土佐泊に移転(一般0床・精神科420床)
昭和46年01月
撫養町の病院閉鎖 鳴門町の分院と併合
土佐泊に南海病院として再発足
昭和46年04月
南海病院付属准看護学院を開設

南海病院付属准看護学院を開設
昭和47年04月
職員住宅 新築1号(松瀬)
昭和47年12月
第3病棟 新築(精神417床)
昭和48年04月
女子職員寮 新築(現在なぎさ寮)
昭和48年12月
体育館 新築
昭和49年06月
厚生会館 南海荘 新築
昭和50年03月
寝具棟・作業センター新築
昭和50年12月
更衣室棟(職員用)新築
昭和51年04月
職員住宅 新築第2号(黒山 )
昭和51年06月
南海病院付属診療所開設(徳島微生物研究所を併合)
レントゲン設備設置
昭和52年02月
第3病棟に食堂 増築(3F)
昭和52年06月
職員食堂・厨房 新築
昭和52年10月
レストラン龍宮 新築

レストラン龍宮 新築
昭和52年12月
南海荘 前庭造園
昭和54年07月
プール 新築

プール 新築
昭和54年08月
茶室・作法室 新築
昭和54年12月
職員駐車場 新築
昭和54年12月
南海病院の一部施設をベトナム難民に開放する
昭和55年06月
保育所 改築(現在グループホームしおさい)

保育所 改築(現在グループホームしおさい)
昭和56年03月
職員住宅 新築第3号(病院前)
昭和56年09月
売店 花 新築

売店 花 新築
昭和56年09月
合併処理槽 新築
昭和57年05月
厨房棟 増築
昭和57年10月
ソーラーシステム設置(精神科)
昭和59年04月
川端正義 理事長就任
昭和59年06月
川端内科を大鳴門内科と名称変更

川端内科を大鳴門内科と名称変更
昭和60年04月
仁木繁先生 南海病院院長に就任
昭和61年01月
ソーラーシステム設置(内科)
昭和62年10月
第1病棟・第6病棟 新築
昭和63年06月
老人保健施設 大鳴門シルバーハイツ開設(42床)

老人保健施設 大鳴門シルバーハイツ開設(42床)
平成元年01月
医療法人敬愛会高瀬クリニックを開設(徳島市新蔵町)
平成元年01月
経理棟 新築
平成元年01月
スプリンクラーを老人保健施設 大鳴門シルバーハイツに設置
平成元年05月
合併浄化槽設置(老健)
平成02年08月
高瀬クリニックを敬愛クリニックに名称変更
平成03年03月
老人保健施設 大鳴門シルバーハイツ 増築
平成03年04月
精神障害者生活訓練施設(援護寮)なぎさ寮開設(定員20名)
平成06年10月
敬愛クリニック新築移転(徳島市内町)
平成06年12月
薬剤管理指導開始
平成07年12月
入院時食事療養適時適温開始
平成08年07月
近代化施設整備事業による病床削減(精神417床→406床)
平成08年08月
南海病院7・8病棟 新築

南海病院7・8病棟 新築
平成08年09月
南海病院精神科デイケア(小規模)開始

南海病院精神科デイケア(小規模)開始
平成09年01月
新看護体系実施(6:1,15:1)
平成09年05月
新看護体系実施(5:1,13:1)
平成09年03月
南海病院付属保育所『はまゆう』新築開所

南海病院付属保育所『はまゆう』新築開所
平成09年07月
グループホーム『しおさい』(定員6名)事業開始
平成09年07月
合併処理槽(3次処理)設置
平成10年03月
案内所 新築
平成10年06月
新看護体系実施(5:1,看護加算B,13:1)
平成11年06月
新看護体系実施(4:1,看護加算B,10:1)
平成12年09月
訪問看護開始
平成13年
全病棟、管理棟を全面的に新改築。
病棟の機能分化、医局体制も改革を図り、
近代的でスマートな精神病院に生まれ変わる。
平成13年04月
グループホーム『しおさい2』開設
平成13年10月
南海病院50年誌刊行
平成13年11月
南海病院記念式典を徳島市内のクレメントホテルにて開催
平成14年04月
鳴門市撫養町に精神障害者地域生活支援センター
「オリーブの木」開設
平成16年01月
雲財敦先生南海病院院長に就任
平成16年02月
看護職員宿舎改築
平成16年10月
新看護体系実施(3.5:1,看護加算B10:1)
平成18年04月
大鳴門シルバーハイツ門家純一施設長に就任
平成20年11月
川端正義先生南海病院院長に就任
平成21年06月
大鳴門シルバーハイツ認知症専門棟
平成24年04月
なぎさ自立訓練(生活訓練)宿泊型自立訓練事業施設
平成25年11月
花野素典先生南海病院院長に就任