H29年 秋祭り   11月15日(水) 
今年,夏の納涼祭から秋祭りに変更しました。イベントの記念すべき第1回目には、名古屋を本拠地として活動している和太鼓集団『GONNA』の皆様が来院してくれました。和太鼓だけでなくマリンバもあり、力強さと澄んだ音色の融合に患者様・職員すべてが魅了されました。演奏後、多くのGONNAファンが当院に生まれています。
グル-プホ-ム南海住宅が撫養町に新築移転しました。
地域福祉の一層の向上を図り、
障害者の地域生活への移行及び
継続のため、地域の生活拠点、
地域生活支援の中核として役割を担っていく、グル-プホ-ム 
新南海住宅を撫養町に新築移転
9月1日より運営開始しました。
南海病院付属、准看護学院の45期生戴帽式
戴帽式とは、看護学生が看護師の象徴ともいわれるナ-スキャップを戴く式です。
1853年に起きたクリミア戦争の際、ランプを手に負傷兵を見回ったフロ-レンス・ナイチンゲ-ル
の灯火とその心を受け継ぎ、看護師を目指す者の誓いとして「ナイチンゲ-ル誓詞」を斉唱します。
看護師として働く人には、この戴帽式での誓いをいつまでも忘れないでいてほしいと思います。
当院で平成28年度、45期生16名が戴帽式を迎え、厳粛な雰囲気の中、
ひとりひとりが看護の道への決意を新たにしました。